Thursday, June 29, 2006


全景

CAMERA:*istD
LENSE:SMC PENTAX F 28/f2.8
ISO200 1/500 f8 プログラムAE
SILKYPIX Developer Studio Eariy Preview ver.3.0.6.3で現像


バカと何とかは高いところに登りたがると申しますが、さえぎるもののない広い視野を得られる場合、広いレンズを使いたくなるのが人情というものであります。で、F 28/2.8。激しく傾いていますが。

あまり評判のよろしくなかったM 28/2.8の後期型と同一の光学系を使ったものとしては最後期のモノ。このあと非球面化されたFA28/2.8にリプレースされるわけですが、描写はご覧の通りで。ピントは無限なんですが…手前の影の部分にはピントが来ている様に見えますが、単に暗いので細部がよくわからないだけでしょう。f8まで絞ってこれというのは…この先はご想像にお任せします。

おすすめ度:☆(AF化されたMレンズとしてみれば貴重。普通に使いたい人にはFA28/2.8をおすすめします)

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home