Tuesday, August 08, 2006

更新したいんですけどサーバーが重くて出来ません…何日か貯まってるんですけどねー
今日は仮面ライダーカブトGod Speed Loveというのを見てきました。はしょりすぎてて筋がわかりにくいのと、余計なメロドラマ部分が長すぎるのが難点。もっと簡単に
・地球の危機
・ライダー同士の内部分裂と戦い
・上層部の裏切り
で、まとめたらいいと思うんですけどね。最後はライダーが一致団結して軌道エレベータを守る怪人(ワームといいますが)の群れと戦ってカブトだけを宇宙に送って上層部の陰謀を阻止してメデタシメデタシ…という展開じゃなぜいかんのか。

あと、凄く気になるのは、ラストに雪が降るんですけど…お盆興行の映画で雪はないだろ…正常なチェック機能が現場のどこかで壊れていることを示唆する象徴的な小道具でしたなぁ…

あと、地上に雪が降るのは意味もわかるしいいとして、宇宙船の中にまで降らせてどうする。

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home